文明の利器と彼女 

2017, 09. 24 (Sun) 15:06

ようやく引きこもりワールドな日常へ戻れた感じ。
ご心配いただいた方もありがとう。

自分の忘れたくないことを記したり、
現状を客観的に見つめられたりするので、
こうやってブログ等に文章をしたためるのはとても好きなんですが、
流石にここ数日の話は 生の感情が溢れていて苦しいので、
知り合いはもうほぼ誰も見ていないであろう場所へひっそりと書きなぐっておきました。


コレを機に、2年前から連絡を絶っていた数少ない女友達へコンタクトを取れたのは良かった。
彼女とはもう本当に長い長い・・・10歳の頃からの家族同然の付き合いで、
お互い不精なので、普段は一切連絡も取らないままそれこそ数年音信不通なんて当たり前なんだけど、
一瞬でそんなブランクは関係なくなるというか。

本当に不思議なんだけども、
滅多に帰省しない私が珍しく実家へ帰った時に限って連絡がきたり、
何というかすごいお互いのタイミングが合う子なんです。

彼女は自分で手に職を持っているし家庭もある子なので結構多忙で、
電話する時間も選んでいるうちに連絡しそびれていて、
しかも私の携帯は解約していて持っていなかったので、
彼女にとっては見知らぬ電話番号からの着信だったのにもかかわらず、
一発で連絡がついたし、何も言わず、聞かず、夜にはすっ飛んできてくれた。

私の良いところも、悪いところも色々知ってて、
会っていない期間は当然お互いのことは何もわからないけど、
なんかそんな細かい話は別にどうでもいいじゃない、
それって重要なの?って今こうして会えて笑えてるならそれでいいじゃない!って
いつもそう思わせてくれる彼女に今回もたくさん助けられました。


Skypeなら連絡がつくんだけど・・・って言ったら、
「Skypeってナニ?文明の利器にはもうついていけませんわははー!」って笑われました。
わははw

さて・・・這い上がらないと!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント