FC2ブログ

変わらないもの 

2017, 11. 12 (Sun) 03:54

11月って親戚、友人、知人の誕生日がすっごく多いんですよ。
それはもうほんとに覚えきれないぐらいに。

昔はカレンダーにつけてお祝いメールやらなにやら送っていたんだけども、
めんどくさくなってしまいましてねぇ・・・。

だって自分の年齢もだんだん曖昧にしか覚えられないのにさww
なのでタイミングが合ったり思い出したりしたらアクションするようにしている。

別に誕生日を祝わなかったから関係が希薄だとか思ったことは一度もないし、
トイレに一緒に行かなかったからいじめられるだなんて歳でもねぇ。

覚えていてもらえると何となく嬉しいものではあるけれど、
それは祝われる事に嬉しいと思うのではなくて、
誰かが自分を思い浮かべてくれたというその瞬間の気持ちが嬉しい。

自分がそうだから人も同じだなんてことは全然ないのは当たり前だが、
「誕生日おめでとう」と一言送るのも悪くないけど、せっかく思い浮かんだのだから、
もう少しだけその人の事を思い浮かべた言葉を添えるようにしている。
私がそうされると嬉しいからである。

しかし時々その言葉で、自分自身がハッとすることがある。

例えば本日誕生日を迎えた彼女は、この2年で波乱万丈で幸せではない状態だったらしく、
今日の誕生日を機に、楽しくて幸せな良き歳にしたいと思っているようだ。

6年前に知り合った、私より随分若い彼女は当時、
共通の知り合いである男と付き合っていたが、
どちらかといえば誠実ではないその男に振り回されていて苦しんでいた。

そんな彼女が次に付き合った男と電撃結婚をし、
あぁ、幸せに暮らしているんだな・・・と連絡を絶つ前までは思っていたんだけど、
どうやら私が連絡を絶っていたこの2年の間に、独り身に戻っていたようだ。

それ以外にも色々と不幸が重なっていたらしい彼女へ、私は言葉を添えた。


色々な経験を積み重ねていると、いつか誰かに優しくなれる時があると思う。
この先の幸せを得るための糧だったんだと気づける素敵な歳になりますように!
お誕生日おめでとう。



うん、恥ずかしい。
改めて書くとかなり照れくさい。
でも書いた後少しハッとしたのよね。
私はこんな風に考えていたのかと。

ブログというものを書いてても時々こんな瞬間に出会うんです。
リネをしていた頃と違って、今は日常的にあまり人と話をしないし、
自分の考えを口にする事がすごく少ないので忘れていたりするけど、
文章にすることによって、いろんなことが明確になるというかね。

自分の人生を振り返ってみても、楽しいことよりも圧倒的に辛いことのほうが多い気がする。
でもその事を私はそんな風に捉えていたんだなと、彼女に送った言葉が自分に返ってきた。

やはり一言添えるのは続けていきたい。


どんなに細い糸で繋がっている状態だとしても、
一度知り合って一瞬でも楽しい時間を共有した相手なら、
幸せで楽しい時をより多く過ごして欲しいと思っております。

今、楽しんでますか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント